九州動物学院
 

認定動物看護師

【(一財)動物看護師統一認定機構】

獣医師の管理のもとで、臨床検査や栄養学などの専門知識を駆使し動物の健康管理や治療の手伝いをします。
動物看護師統一認定機構が推奨したカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科あるいはコースを有する専修学校あるいは大学において、必要な単位を修めた者以外は、この認定試験を受験することができません。本学院は、動物看護師統一資格認定事業を行う『一般財団法人 動物看護師統一認定機構』の認定校(熊本県では本学院のみ)です。

愛玩動物飼養管理士(2級・1級)

【(公社)日本愛玩動物協会】

愛玩動物飼養管理士とは、ペット等のしつけやペットを飼うための知識等を教える指導員となるための資格です。
また、ペットとなる動物に関しての専門家として動物病院等で行なうペットの指導やボランティアでペット指導を行なう等、様々な場所や状況で活躍できる資格でもあります。

※1級の受験は、2級の資格保有者に限ります。

トリマーライセンス(C級、B級)

【(協組)ペットサービスグループ】

信頼されるペットショップの増加をめざして設立された協同組合ペットサービスグループが認定する資格。資格を取得し、高度で専門的な知識と確かな技術を身につけることによって、ユーザへの対応の質を高め、ペットショップの質向上に貢献している資格です。

※B級の受験は、C級の認定取得後1年以上必要です。

家庭犬トレーニングインストラクター

【(一社)日本ペット技能検定協会】

家庭犬トレーニングインストラクターとは、家庭で飼われている犬に対して直接しつけ・トレーニングをするのではなく、ペットオーナーにしつけ・トレーニングのやり方を教え、指導することができる資格です。
ペットオーナーが犬の習性を理解し、しつけを行なえるようになると、犬とペットオーナーとの絆は深まり、共に暮らす喜びをより強く感じることを支える資格でもあります。

ペット繁殖指導員

【(一社)日本ペット技能検定協会】

ペット繁殖指導員とは、自らがトップブリーダーを目指す場合ばかりでなく、生体を扱う施設で指導的役割を果たす事の出来る資格です。
繁殖に必須の衛生管理についての知識や予防法の修得から、経済活動としての繁殖という視点に立った十分な知識と技能、そして生命を扱う倫理観を身につける事ができます。

ペット販売士

【(一社)日本ペット技能検定協会】

ペット販売士とは、動物関連法規、動物学、栄養学等の基本知識・技術を習得した上で、動物愛護にも心を配り、しつけ方法、健康状態、手入れの方法の相談から、適切なフードの選択、ペット飼育の不安等に応えることのできる、専門的な知識をもったペット販売を支えるための資格です。

動物愛護社会化検定(基礎級・専門級)

【動物愛護社会化推進協会】

動物愛護社会化検定とは、人と家庭動物が共生できる豊かな社会を実現するために、飼い主の方に、広く犬の飼育に必要な知識をつけていただくことを目的にしている検定試験。

※専門級の受験は、基礎級合格者又は、獣医師・動物看護職、愛玩動物飼養管理士(1級、2級)、愛犬飼育管理士、家庭動物販売士の有資格者に限ります。

アロマコーディネーターライセンス

【日本アロマコーディネーター協会】

アロマコーディネーターとは、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れるスキルを修得できます。
アロマコーディネーターライセンス取得者は、アロマショップやサロンの開業、アロマ関連セミナーの開催など、アロマを広く普及・啓蒙するために、このライセンスを活用することができます。

コミュニケーション能力検定(初級・上級)

【(株)サーティファイ認定】

日常生活はもちろん、様々な場面で重要になってくるのがコミュニケーションスキルです。
コミュニケーションに関する基本的な知識や日常生活の一場面を想定した状況対応等、様々な場面に応じた問題で、コミュニケーション能力を客観的に測定します。
正しい日本語の習得はもちろんのこと、トラブルを防止するためのコミュニケーションの取り方、相手に分かりやすい表現の仕方やクレーム対応など、実践に富んだ内容が修得できます。

※上級試験は初級保持者のみの受験となります。また、上級試験は、筆記試験に加え面接試験があります。

秘書検定(3級・2級)

【(公財)実務技能検定協会】

秘書検定とは、細かな心遣いと冷静な判断力を併せ持った秘書としての技能を認定する資格です。試験内容として、筆記試験で(必要とされる資質・職務知識・一般知識)があり、実技試験で(マナー・接遇・技能)の試験があります。

コンピューターサービス技能評価試験
(ワープロ部門3級、表計算部門3級)

【中央職業能力開発協会】

国の定める法律、「職業能力開発促進法」で職業能力評価の専門機関として設立された職業能力開発協会が行う試験。
事務職のみに限らず、どの職種でも、どれだけパソコンを使いこなせるかが、就職活動時の評価に関係する場合がありますので、パソコンスキルを高めたい人には最適な資格です。