九州動物学院
 

動物とペットオーナー、

獣医師をサポートする動物看護師を育成

動物に関する知識と技術を保有するだけでなく、獣医師の立場や考えが分かった上で、動物の気持ちと、ペットオーナーの気持ちを充分に理解し、両者の関係を取り持つ動物看護師を育成します。

 

学科概要

近年ますますペット動物数は増加しており、動物看護師はペットとペットのオーナーと接する機会が多くなっています。
そのため、動物看護師に求められるものは、動物に関する知識とコミュニケーション能力です。

本学科では、動物看護師に必要な動物の病気や看護に関する専門知識だけでなく、健康管理と栄養・食餌管理、しつけに関する知識、トリミング技術等の専門技術とペットオーナーとの良好なコミュニケーション、受付業務等、現場での対応力が求められますので、講義と演習、実習を通して、その実務能力を育成します。

 

 

どんなことを学ぶの?

動物看護師とは、動物病院にとって欠かせない存在です。獣医師の診療サポート業務や手術補助、そして受付業務から動物の栄養、健康相談など通院される飼い主への対応、さらに入院動物の看護や身の回りの世話を含めた介護など、その守備範囲は実に広く、要求される知識や技術は相当なものです。

本学院では、現場で必要な看護の基礎を総合的に学びながら、各分野ごとに知識を深め、臨床実習でその知識を技術へと高めていくよう、広範囲なカリキュラムでしっかりと学んでいきます。

また専門的な授業の他、受付業務に必要なパソコン操作、飼い主としっかり向き合うためのコミュニケーション力などを講義を通じて学び、オールマイティーな人材育成を目指します。

 

修得する知識・技術・能力

○動物看護師に関する基礎知識
○動物看護師として働くための専門知識(講義)・専門技術(実習)
○動物に関する様々な知識と技術(しつけ・訓練、トリミング)
○社会人として必要なビジネスマナー
 (コミュニケーション能力・マネージメント能力)
○社会人として必要な実務能力
○国際社会人としての能力

の修得をめざします。

 

 

 

動物看護学科を卒業後には

動物看護師の資格を活かして、動物病院に就職する学生が多い。
その一方で2年間で学んだ動物看護に関する知識と技術を生かして、ペットと泊まれるホテルのスタッフや企業の研究所の補助研究員、ペットショップの販売員、ペットの最後を見送るペット霊園の葬送職員等です。
九州動物学院を卒業した学生が活躍できるフィールドは、先輩達の努力により年々広がっています。動物看護師の知識と技術は、動物業界の多方面で求められています。

 

これまでの就職先事例

  • 動物病院
  • ペットショップ
  • 動物園
  • 水族館
  • 酪農ヘルパー
  • その他動物関連施設
  • 一般企業他 多数