九州動物学院
 

基礎力に磨きをかけ、

専門分野で活躍するために実習を通して、実践的な技術を習得する。

揺るぎない気持ちで、専門分野を突き進む、プロに向かっての総仕上げの年です。

2年次の授業は、より専門的になり、動物業界で働く第一線の講師が指導する実習が増え、技術の習得と向上をめざします。また、実際の動物業界での仕事を体験するインターンシップを通して、これまで学んだ事を実践に活かしたり、就職活動を行ったりする総仕上げの1年です。

 

授業概要

専門性を高め、将来の武器を修得

しっかり基礎を学んだ上で、いよいよプロになるために、専門分野に分かれて実践的な授業を行います。ここで習得する高度な技術・技能が将来の夢をかなえる武器になります。

○実習が中心で、実践と実務経験を積む事ができる授業

治療や手術まで出来る設備が整った学校での実習を行うだけでなく、動物病院での実習やインターンシップを経験する事で、実務に合わせ学んでいきます。
また、訓練学実習やペットショップなどの実際の現場に合わせた様々な学習も行います。

トリミングの実習では、実習時間も充分とっていますが、同時にプロのトリマーとして必要なペットオーナーとのコミュニケーション方法や心構えも学びます。学生1人につき1頭を担当し、シャンプーから仕上げまでお客様に喜んでいただける現場の技術を習得できます。

2年次カリキュラム

エキゾチック

野生動物の分類や兎、モルモット、ハムスター、マウス、ラットおよび鳥類などの歴史、生体、特徴、習性、繁殖、飼育管理などについて学習します。また、最近わが国で飼育されている各種の愛玩動物についても取り上げ、種の保存法等の法律・国際協力等についても学習します。

大動物・野生動物学

牛、馬、豚およびその他の家畜に関する歴史、品種、特徴、行動、繁殖、飼育管理、生産物などについて学習します。
また、大型、中型の野生動物をとり上げ、その生態、行動など、環境から諸要因との関連、さらに飼育と展示方法や生態の観察法についても学習します。

秘書検定

言葉遣い、話し方、態度、振る舞い等の人柄の要素を学習し、社会に出て働くために必要な一般常識の理解を深め、人格育成を目指します。同時に秘書検定試験対策の学習も行います。

就職支援

就職対策講座として履歴書の書き方、面接作法、メークアップ講座等を教授します。また、就職活動の中心となるインターンシップ時や就職活動のあり方、就職後のあり方を学習します。

綜合臨床実習

動物病院内で行われている動物医療の業務を理解し、現場においてそれぞれに実際に体験して理解を深めます。また、職場内のコミュニケーションのとり方、報告、連絡、相談を実行して、自分の立場を理解します。

クライアントエデュケーション学

さまざまな疾病予防や、避妊去勢、健康管理、衛生管理指導などの飼い主への指導の仕方を学びます。

訓練学

訓練学で学んだ知識をもとに、動物のしつけ、あるいは、トレーニングを実践し、計画力や訓練を検討し指導・コーチするを力を身につけます。また、動物の品種によって対応が異なるところも体験し理解を深めます。

フリスビー

動物行動学の実際として、動物と一緒に行動することで、動物に対応する基本を体験し学習します。

公衆衛生学

公衆衛生と獣療との関わり、公衆衛生と疾病との関わり、公衆衛生と環境との関わり、主なズーノーシスについて、院内感染防御、滅菌法、消毒薬の特徴、感染症とその対策について学習します。

病理学

病理学についての病理学概論について主に学び、発病のメカニズム、変形、化生、委縮、肥大、過形成、浮腫、炎症、腫痬について詳しく学ぶ。

関連法規学

動物医療に関する獣医師法、獣医病予防法、動物愛護及び管理に関する法律、鳥獣保護法、


寄生虫学

外部および内部寄生虫について学習します。主要動物の各部位に寄生する寄生虫の性質、駆除性について、また、内部寄生虫には腸管内寄生と血管内寄生の寄生虫の2種類があり、どちらの学習も行います。

幼老令動物看護学

幼老動物の哺育方法や排泄補助。在宅・訪問管理、加齢身体的特徴、認知症障害、褥瘡予防、排徊改善、夜鳴き改善について学習します。

入院管理学

入院時のケア、看護計画、看護記録、治療・処置別による看護についてを主に学び。病床管理、観察、排泄、食事、メンタルケア、アセスメント、疼痛管理、ICU、伝染病について詳しく学ぶ。

内科学

日常の診療業務およびその基本を学習します。問診、身体検査、その他臓器、器管の変化、病気動物のケア、薬の投与までも学び理解を深めます。また、発病例の多い病気の病因、症状、治療、治療法などについても学習します。

 


 

薬理学

薬剤の基本的な取り扱い方を理解し、自律神経系薬、中枢神経系、抗生物質、抗真菌薬、寄生虫駆除薬、ホルモン剤などの代表的なものについて学習します。実際に院内で取り扱うことの多い薬品を通じて薬理学を学び理解を深めます。


臨床検査学実習Ⅱ

臨床検査学においての検体処理、検体機器の取り扱い、血液検査・尿検査・便検査・細胞診・微生物学的検査について主に学び。免疫学的検査、顕微鏡学的検査、標本作製、正常と異常の違い、クロスマッチ、培養について詳しく学びます

トリミング実習

トリミング専攻コースでは、犬種による特徴を強調する技術を理解し、実習を通して実践力を身につけます。個々の魅力を最大限に引き出すことを学びます。


訓練学

実習を通して、訓練学で学んだ知識をもとに、動物のしつけあるいはトレーニングを実践します。動物の品種によって対応の異なることを体験します。

外科看護学Ⅱ

外科看護学についての手術の関連業務、術前術後の看護、麻酔・鎮痛、麻酔モニタリングについて主に学び。手術準備、術着・手袋の着用、糸の種類、器具の種類と目的、手術助手、前処置、術野の準備、術創保護、リハビリステーション、疼痛管理、麻酔薬、鎮痛薬の準備、動物の看護、装置の扱いの装置、評価について詳しく学ぶ。