九州動物学院
 

動物に関わる仕事につくための基礎知識を学習し、理解を深める。

動物業界・動物のプロについて知ることで、自分についても自分の夢についても、もっと深めてください。

1年次の授業は、講義が中心となります。動物業界で働くための基礎力を作るため、動物の病気や、体の構造、心理(行動)、美容、栄養、飼育、掃除まで幅広く学び、基本的な知識を身に付けます。また、スクールアニマル達の飼育を通して、飼育管理や栄養管理、日々の掃除等、動物達との関わりの中で、多くのことが学べる1年です。

さらに、見聞を広げるための海外研修も実施しています。

 

授業概要

もっと動物を知りたくなる授業

1年生は学科に関係なく、動物を扱う職業に就くために必要な共通科目を学習し、基礎知識の理解を深めます。このことが、2年生に進級するときの学科選択の貴重なポイントにもなります。

1年次で基礎力を身につけるために、動物の病気のことはもちろん、体の構造や心理・栄養、飼育管理の仕方や掃除の方法まで、幅広く学習します。

 

 

 

 

動物の基礎知識を深める共通の授業

知識とコミュニケーションを学ぶ

動物は、人間とは違って人間が気付いてあげないと自分では何もいいません。まして、体の調子が悪いことや病気のこと、痛い事などを伝える事もできません。だからこそ、かわいいだけでなく動物のことがわかる基礎知識を身につけることが非常に重要なのです。

また、人と人とのコミュニケーションを通して、心豊かな人間づくりも大切な授業の一つです。生徒同士で協力しあって、スクールアニマル達の面倒を見る事で、相手の立場に立った思いやりのある行動が学べ、将来大切なペットの命を預かることの重要性やペットオーナーの気持ちにより添うことができる人間に成長を促します。

 動物と動物業界のことを学ぶ

 コミュニケーション能力を学ぶ

 動物病院で病気のことを学ぶ

 

1年次カリキュラム

動物飼養管理学

学院内で多数の動物が飼育されていますので、この動物達を臨床検査、血液、糞便検査やしつけや訓練等を行い、動物について飼育管理の実践を通して、動物の健康状態や生態を学びます。また、飼育動物に触れることによって取り扱いに習熟します。

臨床検査学

動物の便、尿、血液、細胞の検体検査やレントゲン(放射線の基本性質、防護、発生装置の仕組みと管理)、ECG、超音波、内視鏡、MRI、CTの特徴について学びます。

犬・猫学

家畜化された以降の犬の歴史、さらに信仰、文学、芸術などに現れた犬と人との関係、犬の各種の特徴、行動、役用犬の役割などについて学びます。また、猫の歴史と人間とのかかわり、猫の分類、特性、飼育、しつけ、健康管理についても学習します。更に、犬・猫の主な病気や健康、栄養管理についても学びます。

臨床検査学実習I

検体処理(処理法、保管)検査機器の取り扱い(顕微鏡、各種検査機器)血液検査・尿検査・便検査・細胞診・微生物学的検査(免疫学的検査、顕微鏡学的検査、標本作製、正常と異常の違い、クロスマッチ、培養)レントゲン、超音波、ECGなど(防護、取り扱い、準備などについて学びます。

英会話・海外研修

海外研修は、海外における先進的な知識と技術を視察し、その中から将来の動向等の理解を促します。また動物保護状況、施設の構造、運営およびその心構えも学習し、卒業論文のテーマとしても選択できます。

海外研修という機会を有効活用するため、英会話を学び、外国人とのコミュニケーションを体験・学習します。


動物行動学

概論、犬学・猫学、行動の意義と機構、しつけ・トレーニング、問題行動について主に学び。その中の動物の家畜化、犬と猫の発生、生態、種類の特徴、行動発達の過程、行動の周期性(内分泌、ホルモン)生得的、習慣的行動、学習理論、動機づけ、社会化、排泄、カーミングシグナル、パピークラス、排泄行動、攻撃性、恐怖・不安について詳しく学ぶ。

トリミング理論

シャンプーからカットまでを学び、犬種による特徴を強調する技術を理解し、実習を通して実践力を身につけます。犬と猫の長所、短所を見抜き、個々の魅力を最大限に引き出すことを学びます。

ペットアロママッサージ

運動不足になったり、ストレスを蓄積し動きの悪くなった動物をリラックスさせるマッサージ法について学習します。この中には精油を用いるアロマテラピーも含んでおり、アロマコーディネーターライセンスの取得対策を行います。

教養講座

各方面の専門家を招へいして講義、講演を依頼し、学生に社会や仕事あるいは動物を考えてもらう機会を与えています。

愛玩動物飼養

「動物の保護及び管理に関する法律」に基づき、動物の愛護と適正な飼養管理についての知識の普及および指導を行うものに必要な愛玩動物飼養管理士を目指して、資格取得の受験対策を行います。

動物福祉論

獣医療倫理、動物福祉について主に学び、その中でも生命倫理、インフォームドコンセント、安楽死、5つの自由について詳しく学ぶ。

看護学概論

動物が健康的な日常生活のできるよう援助することを基本において、これまでの動物医療の歴史、実験動物、薬物研究の歴史、動物の福祉、人の看護学からみた動物の取り扱いを学習します。


歯科学I

動物看護における小動物歯科として、近年ますます重要性が高まっており、ペットオーナーが口腔内の歯科衛生について尋ねたり、ホームケアの方法を教える必要がありますので、歯科学Ⅰでは、口腔の構造・機能、歯科予防法についての基礎知識を理解し、飼育動物の口腔ケアの基礎を学習します。

栄養学

エネルギー源、生体の構成および生体機能の調節などを理解し、栄養素の吸収過程の変化を学習します。また、栄養素を調合した食餌ならびにその給餌方法についても理解を深めます。

公衆衛生学・倫理と法

人と動物の相互にかかわる病気の問題を学習します。人獣共通感染症の予防と対策、安全食品の確保、人と動物の生存環境の維持、人と動物の相互関係、衛生行政などをについても理解を深めます。また、動物愛護活動や人と動物のトラブル解決などの基本となる倫理上の問題と法律を学習します。

解剖生理学

動物達の体の仕組みと働きを理解し、骨格や筋、神経等についても学習します。細胞から成り立つ生体は部位により形態、機能に差があり、細胞の集まった臓器、あるいはそれらの連携した器官、系統、さらに血液、ホルモンなど生体のさまざまな生理的機能と調節機能についても理解を深めます。

病理・感染病学

病気の原因となる病原細菌の種類、病気の治療法、予防法を学習します。公共施設、家庭、野外の衛生動物と飼育動物とのかかわり、動物の飼育管理に必要な施設設備などの消毒、さらにその効能などについて学習します。また、病気の時に見られる生体の生理学的、細胞および組織学的変化についても学びます。

看護学実習I

学院内と動物病院で実習を行い、獣医療に関し学んだことを実際に体験し、病気や予防に関する知識、経験を深めます。